お知らせ・ブログ

お知らせ・ブログ

カテゴリー

アーカイブ

お知らせ・ブログ

新春満腹

音楽の砦・トコトコオフィスは昨年以上にドキドキワクワクにチャレンジしていこうと思っています。

今年もよろしくお願いいたします。

特定非営利活動法人「音楽の砦」理事長・松原 徹

トコトコオフィス代表・名畑俊子

お知らせ・ブログ

トコトコROCK5

年の初めは、砦山(とりでざん)トコトコ寺にて長泉寺・光研大僧正と松原徹のトークと光研&松原徹のオリジナル合作ソングを楽しんでください!要予約にてよろしくお願いいたします

お知らせ・ブログ

2023年の仕事初め。

倉敷アイビースクエアでおこなわれた倉敷青陵高校第24期生同窓会様に呼んでいただいた。

オープニング前のBGMで歌を歌った後の講話という初めてのスタイルにて。BGMって存在感を消しながら存在感を出す?なかなか難しかったですが貴重な体験ができた。

大森青児さん作詞の「同窓生」を歌わせていただきながら「情景が浮かぶ良い詞だな」と改めて思った。

お知らせ・ブログ

ちまた欄

山陽新聞の社長に会えんかな?

長泉寺の光研大僧正は山陽新聞ちまた欄の大ファンだ。それだけでおさまらず、お気に入りの投稿を見つけたら私に電話をして来られる。「松原さん、この文章は絶対歌にして残した方がいいと思うのだけど・・」と、少々廻って作曲の要請がある。今まで3曲作らせていただいてラジオのコーナーで流した。

お陰様で数年経った今でもお盆とか彼岸になると「天国でどねんしょん」へのリクエストがある。ちまた欄と長泉寺とラジオのネットワークで岡山オリジナルの中高齢者のムーブメントを作れたらなんて思う。

お知らせ・ブログ

第2回トコトコROCK・テーマ「歌は生きてる証です!」開催。

平田信子さん、加藤ちゃんぺさん、G-kunさん、楽しい時間をありがとうございました♪テーマ通り証を感じることができました。

次回年初めのトコトコROCKは長泉寺・光研大僧正を松原徹による「ひともしトーク&ライブ」を行います。

1月15日15時〜開催します。新しい年の始まりはトコトコオフィスで‼️

お知らせ・ブログ

トピック: 松原徹に聴いてみよう

声のこと、歌のことから人生相談?まで。雑談の中から何が生まれるのか!

時間: 2022年12月18日 06:30 PM 

ミーティングID: 776 920 0746

パスコード: tokotoko

お知らせ・ブログ

池上孝先生

歯科医師で咬合研究家の池上先生のお話を聞かせていただきました。先生が持たれている噛み合わせについての専門的知識を高齢者のQOL向上のみならず子どもの教育、発声・発音の改善にも役立てたいと思っています。

お知らせ・ブログ

トコトコROCK

仕切り直しの今回は、ボイスクリエーター松原徹と30数年にわたるボイストレーナー史上、2番目の受講生であり数年前まで路上のカリスマだった佐藤アキラの共演となりました。

お知らせ・ブログ

西大寺競馬があったところ?

松原先生のヴォイトレ講座の手伝いで、西大寺公民館に来てます。窓からグラウンドが見え、馬が走っていたのかな?なんて想像するとワクワクします。

お知らせ・ブログ

子ども達の修学旅行

10月からそれぞれの小学校の子ども達が参加している。行くまでは「今回も中止にならないかなあ!」と不安な気持ちと初めての宿泊の嬉しさで気持ちが交錯している。何とも言えない感情が小さな心の中で渦巻いているのだろうと思ってしまう。そんな子ども達が修学旅行を終えて帰ってくると、「お泊りが楽しかった!」「清水寺がよかった!」「奈良の鹿怖かった!」など、目を輝かせて話してくれる。本当に良かったと心から思う。あとは21日に出かける子どもたちが無事に行けることを願うばかり。

お知らせ・ブログ

困った!声が出にくい。

耳鼻科で見てもらうと「歌を歌いなさい」と言われた。その一言で松原先生の講座を思い出した。ということで久しぶりに講座に参加してくださった70代の女性。講座終了後「気持ちがすっきりし、軽やかになった。そして、声が出た」と表情も明るくなっていた。お役にたててよかった良かった。

お知らせ・ブログ

トコトコROCK開催!

トコトコオフィスの小さなスペースにて展開しているトコトコパフォーマンスの一環として行っている弾き語りイベントです。今回は私・松原徹と私のボイストレーナー史上2番目の生徒さん・佐藤アキラ君との競演。お気軽にお問い合わせ下さい。 日時 11月27日(日)13時30分開演 参加費 1200円(飲み物代含む) 会場 トコトコオフィス

お知らせ・ブログ

お見事!菅生花火まつり!

10月8日(土)新見市の北部にある山村・菅生「菅生花火まつり」に参加させていただきました。

「菅生村歌(大正8年・作詞 作曲 竹本富次郎 編曲 松原組)」が皆さんの心にどのように届くのかを確認したかったからです。
 ご高齢の男性より「ええ歌、ありがとう、みんな喜んどるよ」と言っていただき胸を撫で下ろしました。
 寒かったけどあったかくて素敵なひとときでした。きっと新見の名物祭りになると確信しています。

お知らせ・ブログ

校外学習

山の学校・修学旅行など宿泊で行くことができだした。
子どもたちの嬉しそうな顔を見ると、私たちも嬉しくなる。
無事に行き、楽しい思い出を作ってきてね。

お知らせ・ブログ

音楽の砦23周年記念式典

NPO法人音楽の砦は2000年に倉敷市児島に誕生して23周年を迎えました。その記念式典を大盛況のうちに終わらせることができました。ご参加いただいた方より「この度の会、音楽の砦が長い間培われてきた絆のように感じました」といううれしいご感想をいただきました。これからもよろしくお願いいたします。

お知らせ・ブログ

菅生村歌復刻プロジェクト(岡山県新見市)

 岡山県北の街に伝わる村歌を復刻させて欲しいとのご依頼をいただいています。大正8年に小学校校長が作られた音頭で、ご高齢の女性が無伴奏で歌ったCDと手書きの歌詞と譜面を資料としていただきました。
 原曲に沿った編曲をしCD・音源化することで後世に残そうというプロジェクト。文化の伝承を一つの活動目的にしているわが音楽の砦にもってこいなので、やる気満々で取り組んでいます。

お知らせ・ブログ

松原徹ライブします

10月9日(日)16:00スタート
ロックスターになる夢に敗れ岡山に帰ってきた1986年。肩張らず楽しく音楽を楽しみたいと思って1991年にプラトニックスというバンドを組みました。
あれから30年が過ぎ、復活ライブをやろうということになリましたが、オリジナルメンバーは62才になった私と入江の2人だけ。でもおじさん2人を大河原秀雄、佐藤アキラ、髙畠大資の素晴らしい青年が支えてくれ、今回夢の実現に至りました。

お知らせ・ブログ

嬉しい感想をいただきました

付箋の貼ってある「子どもの声を聴きました」の本を手に持たれた高齢者の女性が、私に声をかけてくれました。
「この本は素敵よ。心がカウンセリングを受けたような感じよ」
「ありがとうございます。嬉しいです」
「子どもの声をここまで聴けることは、本当にあなたはすごい人。」と。
「子どもと話をするのが好きだし、親でもないし責任がないからですよ」私。
「そう言えることもすごいことですよ」

この方と10数年前にお会いした時は、そばに立つだけで背筋が伸びるほど、緊張してしまうほど、毅然とした
素敵な女性だったのです。その方から褒められて舞い上がるほど心が躍ってしまいました。

お知らせ・ブログ

「相国寺に捧ぐ 独音禅師」

CDに関する感想をいただきました。
男性
「先日のラジオ放送を、たまたま自動車運転中に聴いており、衝撃を受けました。これもご縁と思います。」
女性
「心が洗われる歌詞・メロディでした」

放送終了後、CDが購入できないかご連絡がありました。ありがたいことです。

お知らせ・ブログ

ラジオを通しての出会い

RSKラジオの日、松原に渡してほしいと一通の手紙が届いていました。
 
 中には西大寺鉄道唱歌と題した歌詞が。そこに「昔々デイサービス○○の利用者様と作りました。」とありました。その施設は今はもうなくなっており、おそらく皆様と知恵と記憶を振り絞ったものだと思ったので、コーナーで紹介することにしました。
 
 それを聴いて下さった旭東公民館の職員さんより「公民館活動の資料として使わせていただきたい」とお電話をいただきました。これで歌詞制作に関わられた方々の思いが未来につながります。
 
 制作に関わられた皆さん、RSKラジオ、旭東公民館の早川さん、ありがとうございました😊

お知らせ・ブログ

歌わないヴォイトレ講座

 5月10日、東山公民館主催の寿大学で講師を務めさせていただきました。その条件が「歌の無いボイストレーニング」。歌なしで1時間半「こりゃキツイ」と思ったのですが、私が行っているプログラム、一つ一つの意味を説明し、また、関連する逸話を話しながら、講座にご参加の皆様と共に、楽しく進めていくことができました。
昔は人前で話すのが苦手で、照れくさかったことを思い出しながら「今でもほんとは苦手なんだよな」と心でつぶやきながらの1時間40分でした。

お知らせ・ブログ

参加者さんからの声

今日は朝から【ヴォイトレ】
 
叫ぶではなく、腹の底から声を出すという感じが心地よいひととき。そんなヴォイトレもさることながら、今日は《組織(コミュニティー)づくりを音楽で考える》という話にワクワクしました!やっぱり、ただのヴォイトレじゃない(^-^)

お知らせ・ブログ

「子どもの声を聴きました」を読んでいただいて。

この素敵な一冊、当法人の社内SNSでも紹介させていただきました。保育、子どもに携わる身として、このなかのエピソードのような子どもとのやり取りが日々できたらと、そんなことを考えながら拝見させていただきました。
 私の一番のお気に入りは「4歳すなばのエピソード」です。私自身もこのような素敵な子どもとのやりとりを記録として残していきたいと思いました。
社会福祉法人 檸檬会 レイモンド新三郷保育園
             園長 星 義輝

お知らせ・ブログ

お母さんの声聞きました。

大佐公民館で「子どもの声を聴きま専科」の勉強会をしました。
お母さんのいろいろな声を聴いて、頑張っている様子が伺えました。
講座終了後お母さんたちと話が弾み、松原先生や館長先生から「楽しそうでしたね!」と
言われ、お母さんたちからは「楽しかったです!」と」言っていただき、少しでもお役に立てたならうれしく思います。

お知らせ・ブログ

第2回「子どもの声を聴きました」勉強会

「子どもの声を聴きま専科」を岡山県新見市大佐総合文化センターで開催。昨年わがトコトコ出版第一弾として発刊した「こどもの声を聴きました なばたとしこ」より3つの話題をピックアップして、今子育て真っ最中のお母さん、終えられた女性達とご自身の育った環境、現在抱えている問題等、情報交換を行うことで、子ども達の未来に役立てたいと思っています。各地で開催したいと思っていますので、関心をお持ちの方はお気軽にお問い合わせ下さい。

お知らせ・ブログ

ふるさとを散策しよう!(トコトコクラブ)

今回のテーマは「笹ヶ瀬川の秘密を学ぶ」
おにぎりを作って、秘密を案内してくれる高原実さんの話を聞いてから笹ヶ瀬川の散策に行きます。
どんな秘密があるのかはお楽しみに!
日時 4月24日(日)10時から13時30分
集合場所 トコトコオフィス
会費 1000円+300円(教材・昼食代・おやつ代)
要予約です。

お知らせ・ブログ

福祉音楽入門講座

 音楽、特に童謡唱歌は提供法によって心と身体に与える効果は大きい。ヴォイストレーナーとして30年、様々な活動を通じて身に着けた提供ノウハウをレクチャーします。施設職員様、ボランティア活動を行っている方、歌が大好きな方、どうぞふるってご参加ください。

お知らせ・ブログ

ふるさと勉強倶楽部

記念すべき第1回のテーマは「黄しじみ」。本来シジミは、塩水と真水が混ざった汽水で生息するが、黄シジミは生涯真水で生息し、普通のシジミに比べて大きいし、肝臓に良いと重宝され、地元の人が食べる分だけ採っていました。「これを”ふるさと勉強倶楽部“で話題にすれば盛り上がるぞ!」と思ったので、倶楽部当日、高原さんをはじめとするご参加の皆さんにふってみました。すると思いがけない展開、結局「水利権争い」で盛り上がったのです。争いはロシアとウクライナだけではないのです。参加ご希望の方はお気軽にご連絡ください。

お知らせ・ブログ

卒業記念にCDをプレゼント

2019年3月22日の歌声を今年卒業する39名の6年生にプレゼントをしました。今なかなか歌えない状況なので、3年前の楽しくレコーディングしたこと、友だちや先生たちと一つのことに向かったこと等、思い出してくれたら、また大きくなった時、小さかった頃の自分の声は忘れてしまうと思うので、懐かしんでくれたら大変うれしいです。
みんな、おめでとう!

お知らせ・ブログ

トコトコくらぶ延期にしました。

子どもたちに伝えると「えっ!」「楽しみがなくなった!」
保護者に伝えると「残念ですが仕方ないですね。次回を楽しみにしています」

先生たちもみんなの笑顔が見れなくて残念です。
でも、きっと楽しいことするから待っていてね。