お知らせ・ブログ

お知らせ・ブログ

カテゴリー

アーカイブ

音楽の砦

プラトニックス復活コンサート。

良き友・良き後輩

1991年に楽しく音楽をやりたいというテーマで結成したプラトニックスを復活させました。といってもオリジナルメンバーは私と入江誠だけ。

サポートを大河原秀雄、佐藤アキラ、髙畠大資の優秀な後輩にお願いし今日の実現に至りました。全曲30数年前に作ったオリジナルソングなので、お客さまには退屈させたかもしれませんが、とにかく楽しいステージができました。

音楽の砦

音楽の砦23周年

皆様のお陰をもちまして特定非営利活動法人音楽の砦と松原徹音楽事務所23周年、トコトコハウス13周年を迎えることができました。
「音楽の砦って何?」とよくいただきご質問です。音楽の砦とは「あれをする団体?」「これをする団体?」ではなく、我々の心・理念であり、それを形にするのがトコトコオフィス。
 設立当初には思ってもみなかったコロナ禍ですが、今まで通り音楽の砦の心・理念を持って乗り越えていきたいと考えていますので、変わらぬご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
                  特定非営利活動法人音楽の砦・理事長 松原 徹

お知らせ・ブログ

卒業記念にCDをプレゼント

2019年3月22日の歌声を今年卒業する39名の6年生にプレゼントをしました。今なかなか歌えない状況なので、3年前の楽しくレコーディングしたこと、友だちや先生たちと一つのことに向かったこと等、思い出してくれたら、また大きくなった時、小さかった頃の自分の声は忘れてしまうと思うので、懐かしんでくれたら大変うれしいです。
みんな、おめでとう!

音楽の砦

地域活性化のための音楽活動

令和3年11月11日㏘5時15分〜45分にtscテレビせとうち様で放送された「岡山市洛陽市友好都市締結40周年記念番組」の最後の部分に流れた「日中友好のうた(作詞 宮本光研 作曲 松原徹編曲 ウミコピィ)歌 松原徹 大河原秀雄」。長泉寺の和尚さんの力作です。 
 他ならぬ和尚さんの頼みなので一週間でメロディ作り、編曲はウミコピィさん、プロデュースが大河原秀雄副理事長の3者で大急造。番組のDVDをTSCさんがわざわざお持ちくださいました。ありがとうございました。

お知らせ・ブログ

令和4年トコトコレコード第1弾「ミユの花〜大きくなあれ」

二人目に女の子が生まれたので、記念の歌を作ってほしいとご依頼いただきました。
詞はお父さんの思いとワードをいただき歌詞にしたものです。
「孫の顔を見ることなく亡くなった母のことを歌詞の中に」ということでしたので思いを目一杯詰め込んでみました。

https://drive.google.com/file/d/1RBsJUbxehZ4IkeDYfOENS1ZdRUdqf7Yx/view?usp=drivesdk

お知らせ・ブログ

CD・DVD制作開始。

大好きなお母様の「90才の誕生日プレゼントにしたい!」ということで制作依頼がありました。
お母様は少し耳が聞こえにくくなられたようで、元気なうちに感謝の気持ちを込めた曲をプレゼントしたいということでした。
松原さんが素朴に語り掛ける歌になっています。
また、お母様の若かりし頃からご主人・子どもさん・孫・ひ孫・勤務時代等の写真を使って、曲に合わせて目でも楽しんでいただけるようにDVDにも初挑戦します。お母様にとって素敵なプレゼントになる様、音楽の砦スタッス一同頑張っています。

音楽の砦

難読地名多いのう

ネット社会に合って、紙媒体である新聞の役割が低くなっています。そんな中、読者サービスコーナーである「ちまた欄」はローカル新聞にはなくてはならないコーナーであり、地元岡山の文化レベル向上の為の底上げになると確信しています。ちまた欄の中から光研大僧正の心に留まった文章を歌にしていくという岡山市北区長泉寺&NPO法人音楽の砦の共同事業「ちまたうた」にこうご期待!

音楽の砦

山陽新聞ちまたうた

令和3年5月30日、山陽新聞「ちまた」欄掲載の「難読地名多いのう」を読まれた南方の長泉寺・光研和尚より「いい文章があるから歌にして残しておこう」と依頼をいただきました。
「天国でどねんしょん 総社市・根間(こんま)八壽子さん」「カマキリの歌 総社市・神野(かんの)美津子さん」に次いでの第3弾「難読地名多いのう」は岡山県民であっても読めない地名を子どもの時の思い出を交えて教えてくれています。弾き語り仕上げなので地味ですが、より言葉が心にしみるのでは?と思っています。

音楽の砦

日中友好の歌

岡山市と中国洛陽市の縁組40周年記念事業を岡山市北区南方・長泉寺で4月6日に行われました。日中間様々な問題はありますが、真の友好のために「日中友好の歌 作詞・光研 作曲・松原徹 編曲 ウミコピィ」が役に立てば、と願っています。

音楽の砦

独園禅師の歌 小兵衛さんの歌

あの新島襄が同志社大学を立ち上げるときに、土地を譲ったのが京都の相国寺です。その時の住職だったのが名僧・荻野独園。その出身地がなんと岡山県玉野市なのです。独園禅師とそのおじいさん小兵衛さんの歌を作らせていただきました。

松原徹音楽事務所

カマキリのうた

山陽新聞ちまた欄に掲載された「カマキリのうた」を書かれた人の了解を得て、歌にしました。

毎週出させてもらっている朝耳らじお55で歌わせていただきました。リスナーの方の評判も良かったです。

最初はカマキリ?と思ったのですが、人としての生き方を考えさせられる内容です。メロディーがつき、松原の声で歌うと人の命の尊さが胸にしみてきます。この歌詞を選ばれた長泉寺住職宮本光研さんの「コロナ禍だから大切にしたい文章」という思いも伝わってきます。元気を出して前に進んでいきましょう!

「カマキリのうた」の歌詞はまたHPにUPしたいと思います。(名畑 俊子)

 

お知らせ・ブログ

結婚式のCD完成まじか!

息子さんにお祝いのメッセージをCDにしてほしいと依頼がありました。
ご両親が息子さんに対する思いがいっぱい詰まった歌詞にメロディがついて、素敵な曲になっています。
CDの盤面・パッケージなどはデザイナーの上杉さん。音楽担当は我砦のスタッフ。みんなで力を合わせて制作中です。

トコトコハウス

トコトコ臨時託児所開設

本日もトコトコ臨時託児所開設。8人の子どもと保育士の先生2名。紙飛行機飛ばし大会で大盛り上がりでした。みんなで作ったカレーライスで昼食、ホットケーキでおやつ。コロナのニュースで沈みそうでしたが、子どもたちの笑顔に明るい未来を感じました。

音楽の砦

中・四国ブロック文化交流会の報告

参加者:保育士1名、看護師1名、ヴォイスクリエーター1名、歯科衛生士学校学生1名

大河原秀雄音楽の砦理事よりセロトニンとオキシトシンについてのレポートがありました。
「笑うとセロトニンというホルモンが分泌される。「幸せホルモン」と呼ばれるそれは精神の安定や安心感や平常心をもたらす効果がある。しかも作り笑いでも良いらしい。
オキシトシンは「愛情ホルモン」と呼ばれ、他人への恐怖心やストレスを緩和し、他者への信頼の気持ちが増し、幸せな気分になる効果がある。」

看護師よりコメント:歯科医院での治療時、子どもの能動性を引き出すヒントになった。

大河原秀雄音楽の砦理事よりドラムステクニック向上に対する目の効果についての報告がありました。 
昨年末から取り組んでいる練習がある。ここ数年、演奏家として求められながらも答えられなかった足での演奏法だ。細かい事は不要なので具体的な動きの説明は割愛するが、一人の客として行ったライブハウスでまさにその動きを目の当たりにした。『神保彰』といえば日本中のドラマーなら誰でも知っている様なスーパードラマーだが、彼のプレイにそれはあった。マネのできるレベルではないのだが、私が毎日苦しみながら練習をしているフレーズをいとも簡単に繰り出す彼の足元に釘付けになりながら不思議な感覚になった。“なんかできそう”ま、当然見ただけで出来るようになる訳が無いのは明白なのだが、帰ってからデイリートレーニングを始めた時に気づいた。昨日より足の動きが良いのである。試行錯誤しながら毎日毎日苦しんでいたフレーズが、飛躍的とまではいえないが確実に進歩していた。毎日苦しんできたからこそわかる変化。どこにポイントがあったのかは明確にはわからない。でも“見た”のが影響している事実は感じた。なんとも不思議な体験だったが、これからのレッスンでは“お手本”の重要さを大切にしようと思った出来事だった。

保育士よりコメント:子どもの舌癖改善トレーニングにも舌の動きを見せることで効果を確認できた。

興味にある方は一緒に勉強をしませんか?

松原徹音楽事務所

自分歌完成

この度第3弾「マイロード」が完成しました。依頼者から大変光栄なお言葉もいただき、有難く思っています。これからも社会のお役に立てる音楽事業を、スタッフ一同力を合わせて創造していこうと考えています。

音楽の砦

機関紙「音楽の砦」

NPO 法人音楽の砦とトコトコオフィスの会員様に送る年賀用機関紙の発送作業中です。20年前、児島・味野中学やんちゃ中学生の音楽サークルとして始まった音楽の砦。保護者の方々に「子どもたちはこんなことを考えて、こんなことをして、こんなふうに感じていますよ」ということを知ってもらいたくて作り始め、早いもので206号になりました。題字の「音楽の砦」は、子どもの頃観ていた「必殺シリーズ」「鬼平犯科帳」など、数えきれないほどの題字を手掛けてこられた手書き職人竹内志朗さんが書いて下さいました。

お知らせ・ブログ

CD完成しました

現在、ご自身の生きた証を残すツールとして「自分史」なる書籍を作ることが定着しています。それに対し「自分歌・心音(じぶんか・こころね)」は素晴らしく、美しく、時には、切なく、悲しい、お一人お一人の人生のページ、また贈りたい気持ちを歌にして残していこうという試みです。
 そしてこの度、第2弾「永遠に~さくらの頃~」が完成いたしました。歌詞は依頼主様が書かれおり、トコトコオフィスは作曲・編曲・CD制作を担当させていただきました。30年前にご主人と死別され、以後お子様と共に生きてこられた人生を描いた素晴らしい歌詞だと感じたので一文字たりとも変えることなく、よりドラマチックな演出ができるメロディを付けなければと頑張りました。

お知らせ・ブログ

中京大学

1月30日から12月1日、第30回日本福祉文化学会東海大会に大河原秀雄理事と名畑俊子事務局長とともに参加。今年は名古屋・中京大学が会場です。居眠りついていた私と違い大河原くんは真面目にメモとっていました。反省です。懇親会では大河原理事と二人で場違い?の「どうにもとまらない!」大好評でした!

音楽の砦

日本福祉文化学会全国大会

11月30日から12月1日、第30回日本福祉文化学会東海大会に参加しています。今年度で理事の任期が満了します。大河原秀雄理事と名畑俊子事務局長とともに参加しています。今年は名古屋・中京大学が会場です。居眠りついていた私と違い大河原くんは真面目にメモとっていました。反省です。

音楽の砦

たじこの棒遣い 10月22日

RSKラジオ「アモーレマッタリーノ」に建部町田地子の本田区長、東副区長と共に出演いたしました。お二人の簡潔で分かりやすい祭りの解説に感心しながら、テーマ曲についてダラダラ、クドクド解説してしまいました。

音楽の砦

たじこの棒遣い

9月15日、岡山市北区建部町田地子(たじこ)に伺いました。多自枯鴨神社に伝わる伝承行事「たじこの棒遣い」のテーマ曲の打ち合わせです。「こうすれば・・ああすれば・・」と活発で前向きな意見交換ができ、全員参加で後世に残る名作ができそうです。

音楽の砦

7月13日(土)長泉寺夏祭り

今年も夏祭りに音響と人気のトコトコ商店で参加します。
天気が少し不安ですが、きっと晴れてくれることを願っています。
時間のある方は、長泉寺に遊びに来てください。

音楽の砦

総会をしました。

20周年を迎えた節目の総会。あいさわ一郎衆議院議員、川元浩一郎市会議員をはじめ、たくさんの方に来ていただいて大盛況でした。
最初から応援してくれている竹馬監事より、「久しぶりに来たらそうそうたるメンバーばかりで、大きくなりましたね」と
誉めていただきました。これからも皆様に助けていただきながら頑張っていきます。

松原徹音楽事務所

天国(そっち)でどねんしょんで!

今日の山陽新聞に載りました。
CDのお問い合わせの連絡を受け、皆さん電話口で「自分の親のことを思い出した」「総社に住んでいる親戚の人に聴かせたい」
など、CDの歌詞に対する思いを色々と聞かせていただきました。心に残るお手伝いができて幸せです。

音楽の砦

6月23日 音楽の砦総会予定

今年も理事及び正会員様が来てくださり、総会を開催します。
毎年総会に参加してくださる人たちが増えてきて嬉しい限りです。
事業報告や今年度の企画等活発にお話ができたり、アドバイスがいただけることを楽しみにしています。

音楽の砦

長泉寺中興60周年記念大法会

長泉寺のビッグイベントに音響と演奏で参加しました。
大河原・佐藤・高畠彼らのお陰で大役を順調に果たすことができました。

松原徹音楽事務所

なかなかできないレコーディング

レコーディングの為に、前日岡山に来てくださった映画監督で、元NHKチーフディレクターの大森青児さんと、元日本レコード
大賞審査員長の小西良太郎さんとお酒をご一緒させていただき、貴重な時間を過ごさせていただきました。

音楽の砦

岡山県少年剣道錬成大会

2月11日(日)ジップアリーナで行われる剣道錬成大会の開会式に行ってきました。
子ども達と一緒に連盟歌「今道場に立つ」を歌わせていただきました。
毎回練習の前に歌っていただいているので、会場の皆様とも一緒に歌うことができ、
改めて歌を作らせていただいたことに感謝します。

音楽の砦

長泉寺夏祭り

今年はスケジュールの都合が付かず、人気絶頂トコトコ商店の出店が出店できなかったのは残念でしたが、例年通り音響のお世話をさせていただきました。