音楽の砦

音楽の砦

平成12年倉敷市水島の本庄公民館にて中・高校生の音楽サークス「児島、音楽の砦」として活動開始。
以後、非行、引きこもり、不登校等青少年問題の改善、高齢者の生活の質の向上、地域活性化に役立つ音楽活動に取り組んでいます。

トコトコオフィス・松原徹音楽事務所・トコトコハウス・音楽の砦

保育サポートの砦

保育現場のお悩み改善!
ベテラン保育士とヴォイスクリエーターがお手伝いします!音楽会、お祭り等の企画・制作、保育士さんのピアノ指導、幼児言葉改善、オリジナルグッズ・ソング制作等、どんなことでもご相談ください。

音楽サポートの砦

音楽教育現場のお悩みや問題にそれぞれのケースに合わせてご支援いたします。

音楽指導者の支援

・大きな声が出ない
・喉にポリープが出来た
・声に自信がない

お子さま支援

・幼児言葉が抜けない
・姿勢が悪い

音楽運営スタッフ支援

・音響機材の使い方がよくわからない
・オリジナル曲を作りたい
・CDや動画、記念グッズを作りたい等

沿革

平成12年1月
松原徹音楽事務所開設
平成12年5月
倉敷市水島・本荘公民館にて中・高校生の音楽サークス「児島音楽の砦」開設
平成15年7月
特定非営利活動法人音楽の砦設立
平成22年4月
トコトコハウス開設
平成26年4月
松原徹音楽事務所、トコトコハウスをトコトコオフィスに統合

主な受賞

平成15年
ソロプチミスト日本財団様より社会ボランティア賞受賞
平成17年
日本福祉文化学会様より第2回福祉文化実践大賞受賞
平成23年
社会福祉法人済生会様より100周年記念事業・外部功労賞受賞
平成23年
ソロプチミスト児島様より感謝状

お知らせ・ブログ

お知らせ・ブログ

吉備ケーブルの「ビキビボイトレ」に出演

毎月1回4分間テレビに出させていただきます。

高梁・新見・吉備中央町のチャンネルです。

「フレイル予防にボイトレ」というテーマです。

リハーサルがあると、次が上手くできない松原先生。今回もほとんど1発撮りでした(笑)

何回も映るそうなので、皆さん試してくださいね。

お知らせ・ブログ

RSKラジオに復活?

皆様の協賛のお陰で数か月ラジオに出させていただくことができます。

久しぶりに滝沢忠孝アナウンサーとの掛け合いは感無量になりましたが、松原先生は緊張したのか

いつものトークができなかったと少しガックリ!

今月の5月23日(金)9時05分に出ます。リベンジすると言っていますので聴いてください。そして、ご感想頂けたら励みになります。よろしくお願いします。

お知らせ・ブログ

中バッカー活動開始

松原先生のバーリートゥードに学業・クラブとの両立を調整して6名参加してくれます。

今回は2曲。上達が早い。楽しんでしようね。

お知らせ・ブログ

松原徹音楽バーリトゥードに向けて

5月26日(日)が近づいてきました。この日は天皇陛下と皇后さまは岡山に植樹祭で来られます。

会場のオルガ付近は交通規制がかかり、皆様に迷惑をおかけすることになりますが、よろしくお願いします。そんなこんなと色々ありますが、松原先生は来てくださる皆様のために黙々と練習しています。画像をのせますので見てくださいね。

なんと、首筋に白いものが・・・・。サロンパスが!!

お知らせ・ブログ

受け取らなきゃ・・そして困る

〜子どもたちの真心〜 

 打ち合わせなしのフリートーク。適当にマイクを渡す。いきなり話せる人は大人でもそういない。子どもなら尚更、トコトコの子どもたちも当然そうだ。

なのに、いきなりマイクを渡されたにも関わらずみんな拒まない。受け取るだけ受け取り,そして困っていた。 

 「名畑

先生のために」という気持ちがここでも伝わってくる。ほんとにいい子達ばかりだ。トコトコの宝である。

お知らせ・ブログ

「こどもの声を聴きまShow」開催

4年前、名畑先生と子どもの会話集「こどもの声を聴きました なばたとしこ」(トコトコ出版)を発刊。こどもの声・言葉の奥に潜む希望、夢、危険を聴き取るためのマニュアルを作った。

 トコトコハウスを運営する中、発音に問題がある子どもが多いことに気づいた。そこで和気歯科医院・横道由記子先生とコラボ。また、お世話になっていたRSKラジオのコーナーにご縁をいただき岡山県栄養士会の坂本会長とコラボ。

 そして、ボイスクリエーター、保育士、歯科医師、管理栄養士の4者による異業種勉強会が誕生した。

 一つのまとめとしてオリジナル健康体操「どすこい体操」の制作を開始。その制作過程においてミュージシャン、WEBコンサルタント、ダンサー、理学療法士とのコラボという大きな渦ができ完成。このイベントで完成披露に至る。

 子ども達の健全なる成長を後押しできるイベントとして今後「こどもの声を聴きまShow」を育てていきたいと思っている。