ブログ
インフォメーション
子どもボイトレ塾「サ行が苦手!」

子どもボイトレ塾「サ行が苦手!」

今日、「サ行」の苦手な小学5年生男児の言葉教室をしました。
舌の柔軟性がないため、舌が上にあるため「タ行」になりやすいのです。
遊びの中で体幹を鍛えたり、ストロー笛を使って上がりぱなっしの舌の柔軟性を付ける練習をしました。
ストロー笛の音を出すことが難しかったですが、出来ないことも楽しそうに参加してくれました。
音が出ると、「初めてしたけど、できるようになった!」と嬉しそうでした。
これからも楽しみながら練習のできるカリキュラムを提供していきたいと思います。
笑うこと・お話をすること・挑戦すること、できた喜びを味わう、やる気にさせることが子どものトレーニングには大切だと思います。
お悩みの方はご連絡ください。