ブログ
ヴォイトレBLOG
手作りマスク
2020.04.08

手作りマスク

名畑先生のお母さんがマスクを作っています。近所の人で不自由している人にあげるんだそうです。それを聞きつけた親戚の方が耳にかけるゴムを送ってくれたり、「サラシならある」と近所のお寺さんが提供してくれたり「さすが、我会員さん達!」と感動。その話を新見の教室でしたら「私も何枚も作ってあげました」とのこと。やっぱり先輩方は動きが速い。
自助共助公助と大変な時の原則があります。行き詰まったらつい公助:おおやけからの手当てだけに期待が行ってしまいがち。このマスクの話を聞きながら共助を自然体で行える素晴らしさと、先が見えない不安の中に灯りを見た気がしました。