ブログ
トコトコハウスBLOG
子どもの声

子どもの声

小学校の参観日で小さい頃からの思い出を発表する2年生。
Mちゃんはお母さんと写真を選んでいて、母子手帳を見つけ、読んで泣いた。
私は「恥ずかしかったの?」と聴いた。
「違う。お母さんが大変だったから・・・」という。
母子手帳に書いてあるお母さんの気持ちに驚いたようだ。
子どもの感受性の強さに驚くとともに、そこまで想像できなかった自分が恥ずかしかった。