ブログ
参加者の声・感想
施設慰問日記

施設慰問日記

今日A施設に行き、松原さんが音楽セッションをしました。毎月1回ボランティアに行かせていただき、もう20年が来ようとしています。
セッションが始まると、車椅子に乗られた男性の方が、私の傍に来て、
「松原先生は天才!」と嬉しそうに言ってくれます。
「先生、喜びますよ。」と私。
「先生は口八丁・手八丁だな。」
「えっ!」と思っていると、
「先生はいろんなこと知っているし、ギターは弾けるし。わしはまだ7丁目だわ。はっはっは」
何とも、豪快は会話でした。